海外FX口座のメリット徹底チェック

国内FXには無い海外FX口座のメリットを徹底チェック

「海外FX口座の大きなメリットとは」

圧倒的なレバレッジで注目を集めている海外FX業界ですが、その利用者のほとんどが国内FX業者の利用者か利用経験のある方ばかりです。つまりFX初体験の方が、いきなり海外FX口座を利用するケースは少ないという事です。その理由は、入金出金に関する信頼性の面や取引環境を説明してくれるサポート面、トラブル時の対応面などに不安を感じているからに他なりません。日本人スタッフであればその点に関して丁寧過ぎるくらい丁寧なケアを行いますが、外国人の業者さんにはそこまでの対応が期待できないという不安です。ですが、国内FX口座には及ばないメリットがあるのです。それは先にも言いましたとおり、1000倍近いハイレバレッジを提供しているFXブローカーが多数ある事です。レバレッジとは、FX口座に入金した証拠金に対する信用買いの利率を指します。例えば500倍であれば、10万円の証拠金で5000万円分の通貨が買える事になります。しかし日本では、法律によって25倍までの信用買いしか認められていません。海外FXならば利益効率が国内FXの20倍以上高まる事になります。現在自国のFX会社にレバレッジ規制を設けている国は、日本と香港にアメリカ、カナダや韓国といった数国に限られていて、世界中の大資本家やヘッジファンドのディーラーは既成の無いFX会社を進んで利用しているのが現状です。

「追証なしのゼロカットサービスで安心」

ですが、利益率が高いという事は損益率も同時に高まるという事です。500倍ものレバを利かせてFXトレードをすれば、10万円程度の証拠金は1日でなくなってしまうかもしれません。それどころかマイナス口座になって、もし日本のルールであれば追証の発生になるのです。その点でも海外FX口座に特典があります。多くの人気FXブローカーでは、追証無しのゼロカットサービスを設けています。例えマイナス口座になっても借金の免責が得られます。この制度のおかげで、証拠金以上の損益を被る事がありません。つまり思いきったトレードができるシステムなのです。もちろん証拠金ゼロになる前に、更にロスカットシステムで数十パーセントのお金が口座に残る様に自動清算も行っています。この率から海外FXを選ぶのも大事です。

FX海外口座人気ランキング
FX海外口座開設ガイド
xn--fx-2j6c50rv2h82x.xyz

「海外FXはトレード上の透明性・公平性が高い」

それからトレード上の透明性・公平性が高いのも大きなメリットです。国内FX業者はいわゆる店頭取引・OTCシステムで、トレーダーは実際の為替相場で取り引きをしていません。取引はFX会社のディーリングデスクで受け、自社内で売り買いを網羅しています。これは一見安全性が高いと思いがちですが、実は見えない部分での操作がしやすく、約定に関しても故意にスリッページさせたり、微細な価格ずらしを行って利益発生をコントロールできる環境です。もちろん表だった不正はありませんが、グレーゾーンはいくらでも発露していて、損益を被っているトレーダーはたくさんいます。しかし多くの海外FX口座では、各国の金融庁においてディーリングデスクを禁止しているのが現状です。『禁止』ですから、これは利用者の不利益を問題にした措置だと分かるでしょう。

「スプレッドの幅はまちまちです」

海外FX口座のデメリットは大きく3つあります。まずはスプレッド幅が広い事です。スプレッドとは通貨を売る時と買う時の差額を意味します。その幅が狭い程利益率が高まります。国内FX会社ではこの幅をかなり狭くして利便性をアップしていますが、多くの海外FXではまだまだ広いままで、その分為替コストが高くなっています。これは海外FXブローカーの利益が、スプレッド差額と若干の通貨交換手数料だけで、この部分を削減するのは相当な営業努力が必要になるのです。また得た利益を出金する際に、もう一度通貨を円へ換金する為替手数料が掛かります。そして3つ目は入出金に関するトラブルも若干発生しています。これらを考慮して、安全性の高い海外FX口座を選ぶ様にしてください。

XM評判完全ガイド
海外FX業者のXMの本当の評判とは?