海外FX口座のメリット徹底チェック

海外FX口座利用の場合、確定申告書はどう書くのでしょう?

「海外FX口座で得た収益の確定申告書について」

海外FX口座で得た収益の確定申告書に関しては、実際の手続きが分からない方も少なくないでしょう。国内のFX会社であれば、納税までを確実に行ってくれますが、海外FX口座にはその様なサービスはありません。つまり自分で申告をしなければならないという事なのです。そこで役に立つのが国税庁のHPに提供されているフォーマットです。こちらから作成すると、細かな税計算も自動で行ってくれてミスがありません。また用意するモノとしては源泉徴収票だけですので簡単です。

「確定申告書の作成ポイント」

手順は国税庁のHPにアクセスし、確定申告書等作成コーナーをクリックします。そしてe-taxか納税所を印刷するかを選択します。ただしe-taxは事前にソフトのインストールが必要ですのでお忘れなく。その後に申告書の種類として『所得税の申告』を選びます。そして手順に従って作成していきます。ここで注意するポイントは、海外FX所得が雑所得に該当するという事です。また口座ごとに項目をまとめる事も忘れない様にしましょう。もし国内外合わせて複数のFX口座を利用している方は別個に記入をします。そして収入種目は「証拠金取引」または「為替取引」を選びます。またFX業者名と本社住所の記入も必要になりますので、あらかじめ用意しておきましょう。

「分からない点は税務課へ問い合わせましょう」

収入額に関しては、1年間の収入とその間の必要経費を入力して行きます。また国内のキャピタルゲインへの課税率は一律20%ですが、海外FXの場合は累進課税ですからその点もご注意ください。そして最後に住民税の欄を記入します。その時に控除額と税額控除の確認を忘れない様にしてください。税額の総額が間違っていますと、後でまた訂正の書類提出が必要になります。もちろんわからない点は、区役所などの税務課へ問い合わせる事もできますのでご心配は要りません。