海外FX口座のメリット徹底チェック

レバレッジ規制によって国内FXから海外FX口座へ人気集中

「海外FX口座が選ばれている理由」

国内FX口座が魅力を失った点に、2011年の金融庁による法改正でレバレッジ規制がなされたことがあります。これは最大レバレッジ率を25倍までに制限し、トレード上のギャンブル性を抑制する役目を果たしています。この規制はアメリカやカナダに韓国などでも行われていますが、世界の主要なヘッジファンドや大口の投資家はその規制を避ける様にして、規制の無いFX業者を利用する様にしているのです。その点で、日本で紹介されている海外FX口座はレバレッジ規制対象外のトレードを提供しています。業者によっては500倍とか1000倍ものハイレバレッジを設定していて、少ない証拠金でも大きなトレードができるのです。

「ハイレバレッジのリスクを抑制するシステム」

ハイレバレッジには確かにハイリスクが付き物です。少額資金で大きな取引をしますから、ほんの数パーセント相場が変動しただけで証拠金が吹き飛んでしまう事もあります。また約定がスリップすれば、借金さえ発生してしまうのが為替相場の怖いところです。ですが近年の海外FXではロスカットをレギュラー設定として、証拠金の残高を残す形で自動精算システムを働かせています。またスリッページによるマイナス金が発生しても、ゼロカットシステムで追証を免除するサービスも行っているブローカーがたくさんあるのです。つまり、証拠金の範囲内で思いきったトレードが行える安全性が確保されているのです。この点では、むしろ国内FXの方が危険度が高いです。ゼロカットのサービスは無く、マイナス金はすべて追証化して、数日内で清算を義務付けています。この追証によって自己破産や一家離散をするケースが後を絶ちません。

「日本人にお得なサービスも充実」

現在、海外FX口座では日本市場への参入にとても力を入れています。ですから日本語サポートのプラットフォームやオペレーターも日本が使えるスタッフを用意しています。また入出金に関してもクレジットカードの利用でかなりスピーディになりましたし、安全性も担保されています。